NY原油(31日):続伸、米GDP速報値が手掛かり-69.45ドル

ニューヨーク原油相場は続伸。 第2四半期の米実質国内総生産(GDP)のマイナス幅が市場予想 より小さかったことから、世界最大のエネルギー消費国である米国 がリセッション(景気後退)から脱しつつあるとの観測が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。