NY外為(31日):ドルが下落、米GDP統計受け

ニューヨーク外国為替市場で はドルが下落。米国の4-6月(第2四半期)実質国内総生産(GD P)が予想ほど悪化しなかったことで、安全な逃避先としてのドル への需要が弱まり、主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指 数は年初来の安値まで押し下げられた。

スウェーデン・クローナは対ユーロで昨年12月以来の高値ま で上昇。同国の第2四半期GDPが景気縮小ペースの減速を示唆する 内容となったことを手掛かりに買いが集まった。対ポンドでドルは月 間ベースで5カ月連続安と、過去5年間で最長の下落局面となった。 7月の英消費者信頼感指数が2008年以来の高水準を維持したこと が背景。

ブラウン・ブラザーズの通貨ストラテジスト、ウィン・ティン氏 は「経済統計が良いとドルが下げるのは最近の典型的なパターンだ」 と指摘。「株価の上昇に加え、米GDPも減少率が予想を下回ったこ とがドル売り材料となった」と語った。

ニューヨーク時間午後3時22分現在、ドルはユーロに対して

1.3%安の1ユーロ=1.4261ドル(前日は同1.4075ドル)。ド ルは対円では1ドル=94円69銭(同95円56銭)。円は対ユーロ で0.4%安の1ユーロ=135円04銭。

ICEのドル指数は78.22と、昨年12月18日以来の低水準 を付けた。

TDセキュリティーズの主任通貨ストラテジスト、ショーン・オ ズボーン氏(トロント在勤)によると、ドルは対円で1ドル=95円 超の水準に控えていた損失確定の売りを巻き込むと、下げ足を速めた。

4-6月のGDP統計

米商務省が発表した第2四半期の実質GDPは前期比年率1%減 少した。第1四半期(1-3月)は6.4%減と、過去27年で最大の マイナスだった。GDP構成項目となる在庫投資は同1411億ドル 減少と、前期(1139億ドル減)から縮小幅が拡大した。マイナス幅 は統計開始以来の最大。

RBSグリニッチの国際通貨戦略北米責任者、アラン・ラスキン 氏は「1-3月期と4-6月期はいずれも在庫投資が著しく減少した。 これにより、下半期の在庫項目は大きく改善する可能性が高い。月末 で市場の資金フローはやや限定的だが、週明けには再びリスクを取っ た取引が活発になるだろう」と指摘した。

スウェーデンのGDP統計を手掛かりに、スウェーデン・クロー ナはユーロに対し、昨年12月1日以来の高水準を付けた。月間ベー スでは4.8%上昇、対米ドルでは5.6%上昇した。7月は主要16通 貨の中でスウェーデン・クローナがカナダ・ドルに続き2番目に上昇 率が高かった。カナダ・ドルは前月比6%上昇した。

カナダ・ドル

カナダ経済の縮小ペースが予想を上回ったにもかかわらず、カナ ダ・ドルは対米ドルで1米ドル=1.078カナダ・ドルと、昨年10 月以来の高値に接近した。28日には同1.075カナダ・ドルと、昨 年10月3日以来の高値を付けた。

バークレイズ・キャピタルの主任米国通貨ストラテジスト、ステ ィーブン・イングランダー氏(ニューヨーク在勤)は、「市場の楽観 的な見方と実際の経済統計の内容にはギャップがある。カナダ・ドル はファンダメンタルズ(基礎的諸条件)以上に上昇している。最近の カナダの経済統計にはかなり弱い内容のものがあった」と指摘した。

バークレイズはカナダ・ドルが今後1カ月以内に同1.13カナ ダ・ドルまで下げるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE