インド株(終了):センセックス、約1年ぶり高値-予想上回る業績で

インド株式相場は上昇し、指標の センセックス30種株価指数は約1年ぶり高値を付けた。ヒンダルコ・ インダストリーズとリライアンス・インフラストラクチャーの4-6 月(第1四半期)利益がいずれも市場予想を上回ったことが好感され た。

アルミ生産でインド最大のヒンダルコは6.9%高。国内3位の公益 事業会社、リライアンスは1.8%上げた。商品相場の上昇を背景に、 銅・亜鉛生産大手のスターライト・インダストリーズは2.9%上げた。 国内最大の製鉄会社、タタ・スチールは2.3%上昇した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比282.35ポイント (1.8%)高の15670.31と、昨年6月17日以来の高値で引けた。同指 数構成銘柄30社中、23社の決算が市場予想を上回ったことを受け、月 間ベースでは8.1%上昇した。

ヒンダルコ(HNDL IN)の終値は100.30ルピー、リライアンス (RELI IN)は1205.55ルピーとなった。スターライト(STLT IN)は

644.80ルピー、タタ・スチール(TATA IN)は462.35ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE