ユーロ圏の国債発行高予想を引き上げ、財政悪化見通しで-米シティ

米銀シティグループは、2009 年のユーロ圏の国債発行高の見通しを8320億ユーロと、従来予想の 8000億ユーロから引き上げた。財政見通しの悪化が理由。

シティの金利ストラテジスト、スティーブン・マンセル氏(ロン ドン在勤)は、09年の発行高が前年比で約4割増になると予想。財 政赤字についての見通し変更を反映して上方修正したと説明している。

マンセル氏は顧客向けリポートで、「国債発行は2010年も高水 準が続く可能性が極めて高いとみられる」と記述している。

欧州各国政府は、銀行支援と景気刺激策の原資を確保するため、 国債発行を過去最大規模に膨らませている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE