製薬3社決算:通期見通しを据え置き-米市場と為替動向にリスクも

武田薬品工業など製薬大手3社が 発表した第1四半期(4-6月期)決算では、純利益が各社の再編動 向により明暗が分かれたものの、通期予想はそろって据え置いた。今 後は米市場と為替動向が焦点となりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。