りそなHD:普通株7500万株を発行、メリル6.5%大株主に-優先株消却

時価総額で国内銀行4位のりそなホ ールディングス(HD)は31日、メリルリンチの子会社を割当先に普通 株式1037億円の第三者割当増資を実施すると発表した。手取概算額は約 1032億円。過去に発行した優先株をメリルから買い戻す代わりに普通株 を発行して自己資本の質を高める。メリルは6.5%の大株主になる。

りそなHDが同日、財務省に提出した有価証券届出書や発表資料に よると、同社は7500万株の普通株をメリルリンチ側に割り当てる。発行 価格は1株1382円。払込日は9月8日。りそなは同時に以前メリル向け に発行した3500億円の優先株を2712億円で買い戻す。新株発行により コアTIER1(りそな試算)は5.1%から5.9%に高まる。

日興シティグループ証券の野崎浩成シニアアナリストは、31日付レ ポートで「優先株は不確定な希薄化リスクがあった」と指摘。この取引 には、りそなの「潜在株式の削減効果がある」とみる。金融危機などを 背景に市場では銀行の自己資本の質を高めるべきだとの議論がある。ま た公的資金が資本を下支えしているりそなは自己資本拡充が課題だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE