大手3行決算:損失回避「仇」でみずほは赤字-本業回復

三菱UFJ、みずほ、三井住友の国 内銀行グループの第1四半期(2009年4-6月)連結決算が31日出そ ろった。国債など債券取引収益が好調だった三井住友とノンバンクを連 結子会社化した三菱UFJが増益となった一方で、リスク回避目的のデ リバティブ取引で損失が発生したみずほは赤字となった。

第1四半期は、世界的な市場混乱が落ち着き、銀行経営を取り巻く 環境も好転した。これを受け、企業の倒産リスク回避のために保有して いたCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)商品の価格が値下が りし、大手行グループは評価損の計上を迫られた。

CDS関連損失はみずほが傘下3行合算で606億円、三菱UFJが 200億円-300億円、三井住友が銀行単体で100億円強だった。ブルーム バーグ・データによると、企業倒産のリスク保証料を示す代表的なCD S指数は、信用不安の後退で3月末の420bp(1bpは0.01%)台から6 月末には170bp台に縮小した。損失回避目的で購入したCDS商品の役 割が逆に働いてしまった格好だ。

UBS証券の大槻奈那アナリストは「3月から6月にかけてのCD Sスプレッドの縮小は歴史的に見ても相当急速だったため、特殊要因と 言えないこともない」と述べた。信用不安が広がっていた前期決算では みずほが230億円、三井住友が100億円強の利益をそれぞれ計上してい た。

売り上げを示す業務粗利益や本業のもうけを示す業務純益は、市場 部門の好調などで3グループとも増加した。しかし、与信費用は景気低 迷の影響などで各グループとも増えた。

【09年4-6月期連結決算の概要と通期予想】
----------------------------------------------------------------
                                   CDS     4-6月期    通期
             業務純益  与信費用   関連損失    純損益  純利益予想
----------------------------------------------------------------
三菱UFJ        3052      -1898     200-        759      3000
                 (+16%)    (-1417)      300     (+48%)  (-2570)
----------------------------------------------------------------
みずほ            1601       -760      606        -45      2000
                 (+26%)    ( -47 )               (N/A)   (-5888)
----------------------------------------------------------------
三井住友          1964      -1198      100        728       2200
                 (+26%)    (-1139)              (+25%)  (-3735)

----------------------------------------------------------------
注)単位億円。業務純益、純損益のカッコ内は前年同期比%。与信費用、
通期純利益予想のカッコ内は前年同期の実額。三菱UFJは通期純利益
予想でなく目標。CDS関連損失では、みずほは傘下3行合算、三井住
友は銀行単体。
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE