商社決算:稼ぎ頭の資源エネルギーが大幅悪化、収益軒並み低迷

三井物産を除く大手商社5社の 2009年第1四半期(4-6月期)連結決算が31日出そろった。原油 などの商品市況の下落で稼ぎ頭の資源・エネルギー分野が大幅に落ち 込んだことに加え、世界的な景気低迷の影響でほぼ全事業分野で収益 が悪化。双日が赤字だったほか、残る4社も4割以上の減益となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。