英アングロ・アメリカの1-6月:31%減益-商品相場下落が響く

英鉱山会社アングロ・アメリカン が31日発表した2009年1-6月(上期)決算は、前年同期比31% 減益となった。商品相場が昨年付けた最高値水準の半値近くに下落し たことが響いた。

同社の発表資料によれば、純利益は29億7000万ドルと、前年 同期の42億8000万ドルを下回った。少数株主持ち分を調整し一部 項目を除くなどしたいわゆる基礎的当期利益は1株当たり91セント となり、ブルームバーグ・ニュースが6人のアナリストを対象にまと めた予想中央値67セントを上回った。

シンシア・キャロル最高経営責任者(CEO)は11年までに20 億ドル規模の経費節減を目指し1万9000人の人員削減を進めている。

同社株は今年、ロンドン市場で23%高の1905.5ペンスとなり、 時価総額は251億ポンド(約3兆9600億円)に拡大している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE