全日空:休止・減便などコスト削減策-300億円収支改善

全日本空輸は31日、2009年度の 緊急収支改善計画の具体策を発表した。景気低迷と新型インフルエンザ の発生による旅客数の減少を受け、国内外路線の便数を見直すほか、人 件費削減などで合わせて300億円の収支改善効果を見込む。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。