仏トタルの4-6月:前年同期比54%減益-原油安響く

欧州3位の石油会社、フランス のトタルが31日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、 前年同期比54%減益となった。世界的なリセッション(景気後退) でエネルギー需要が落ち込み、原油価格が下落したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。