ラッセル:日本株の運用委託先にベイビュー採用、ピクテとT&D外す

資産運用管理サービスを提供する ラッセル・インベストメントは31日、設定・運用管理しているマルチ・ マネジャー投信の日本株の運用会社を変更したと発表した。ベイビュ ー・アセット・マネジメントを新規採用し、ピクテ投信投資顧問とT& Dアセットマネジメントを外した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。