クラレ株が午後急落、定期修理長引き四半期大幅減益-進ちょく率低い

液晶材料などを手がけるクラレの 株価が午後急落。前日比8.7%安の1015円まで下げ、午後の高値から の下落率は11%に達した。生産設備の定期修理が例年より長かったこ となどが響き、第1四半期(4-6月)の連結営業利益は急減した。上 期計画に対する進ちょく率が低く、業績懸念の売りが優勢だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。