仏PPRの1-6月:減収減益、家具チェーンや通販低迷(Update1)

高級ブランド「グッチ」な どを傘下に置くフランスのPPRが31日発表した2009年1-6 月(上期)決算は、家具チェーンの「コンフォラマ」や通販の「レ ッドキャッツ」部門の売り上げ落ち込みが響き減収減益となった。

発表資料によると、継続事業ベースの利益は前年同期比19% 減の2億8100万ユーロ。純利益は1億8900万ユーロで、化粧品 部門のYSLボーテを売却した前年同期の7億7700万ユーロから 減少した。

売上高は前年同期比3.6%減の92億4000万ユーロ。コン フォラマと書籍販売のフナック、レッドキャッツの売上高は減少し たものの、「グッチ」や「ボッテガベネタ」などの高級ブランド部 門の需要増加が全体の売上高を下支えした。

ジャンフランソワ・パルス最高財務責任者(CFO)はこの 日の電話会議で、グッチ・ブランドの売上高は為替変動の影響を除 いたベースで0.6%増加したことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE