武田薬:4-6月期純利益は1126億円、通期見通し据え置き

製薬国内最大手、武田薬品工業の第 1四半期(2009年4-6月)連結純利益は、前年同期比45倍となった。 前期米製薬会社ミレニアム・ファーマシューティカルズ買収に伴い発生 した巨額の研究開発費や買収に伴うのれん代償却などの費用がなくなり 大幅な増益となった。通期見通しは据え置き。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。