第一三共:4-6月期純損益64億円赤字転落-為替差損響く

国内医薬品3位の第一三共の第1 四半期(4-6月期)連結純損益は64億円の赤字に転落した。前年同 期は251億円の黒字だった。インドの連結子会社ランバクシー・ラボ ラトリーズのデリバティブ評価損や為替差損が響いた。ただ4-9月期 の純利益、経常利益の予想は上方修正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。