みずほFG:4四半期連続の最終赤字、デリバティブで評価損

みずほフィナンシャルグループの第 1四半期(2009年4-6月)連結純損失は45億円となり、4四半期連 続の最終赤字となった。金融市場の安定化を受けヘッジ目的のデリバテ ィブ取引に評価損が発生した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。