コンテンツにスキップする

NY原油時間外:続伸、アジア株高で燃料需要の先行きに楽観論

ニューヨーク原油先物相場は 31日の時間外取引で続伸。アジアの株式相場が上昇していること で世界経済が回復し、燃料需要も増加するとの楽観論が広がった。

朝方安かった原油相場は上昇に転じた。MSCIアジア太平洋 指数が1.3%上昇し4月29日以来の高値を付けたことを好感した。 米スタンダード&プアーズ(S&P)500種指数は企業業績が予 想より良かったことから9カ月ぶりの高値に接近した。ブルームバ ーグのデータによると、過去2カ月間の原油先物とS&P500の 連動性は0.6。

MFグローバルのエネルギーストラテジスト、ダニエル・リュ ー氏(シンガポール在勤)は「株式、原油相場とも景気回復を見込 んでいる。期待感で両相場とも上昇している」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は一 時72セント(1.1%)高の67.66ドルを付けた。シンガポール 時間午後零時35分(日本時間同1時35分)現在、67.52ドルで 推移している。朝方は0.7%安の66.49ドルを付ける場面もあっ た。前日の通常取引は3.59ドル高の66.94ドルで引けた。上げ 幅は4月9日以来最大。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE