英HSBC:1-6月期は2期連続の赤字か、不良債権増加で-調査

ブルームバーグ・ニュースの調査 によると、時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス の2009年1-6月(上期)決算は、2期連続の赤字が見込まれている。 米国で焦げ付いた消費者ローンに153億ドルを引き当てたことが響い たもようだ。

ブルームバーグがアナリスト7人を対象にまとめた予想では、上 期の純損益は6億ドルの赤字(中央値)となり、前年同期の77億2000 万ドルの黒字から収支が悪化する見通しだ。08年7-12月(下期)は、 貸倒引当金を37%積み増したことから、20億ドルの赤字だった。決算 発表は8月3日の予定。

フォックスピット・ケルトン・コクラン・カロニア・ウォラーの アナリスト、レイ・グッドウィン氏は「主な要因は米国部門だ」と指 摘した。同氏のHSBCの投資判断は「アウトパフォーム」。

HSBCが過去3年間に開示した引当金は計530億ドルに上り、 その大半が03年に買収した米金融会社ハウスホールド・インターナシ ョナル(現HSBCファイナンス)に起因したものだ。HSBCは今 年3月、同部門の消費者向け金融事業の閉鎖を決定。マイケル・ゲー ガン最高経営責任者(CEO)は同月、景気低迷によりクレジットカ ード部門はこの2年、「厳しい」状況に直面していると述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE