米4-6月期GDP速報値:縮小ペースが緩和の見通し-BN調査

2009年4-6月(第2四半期)の 米国内総生産(GDP)速報値は、1-3月期に比べ小幅な減少にと どまり、過去50年間で最悪のリセッション(景気後退)が緩和してい る様子を示す可能性が高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。