富士通株が昨年10月来の600円回復、通期業績予想上方修正で一歩先

富士通の株価が3日続伸。30日の 4-6月決算発表時に、これまで決算を発表した電機大手で唯一、通期 (2010年3月期)業績予想を上方修正したことが評価されたようだ。

株価は前日比4.0%高の618円まで上昇。600円台乗せは昨年10月 6日に620円を付けて以来のこと。

電機各社は、1-3月を底に業績が期初想定からは上振れているも のの、世界的に景気が本格回復しているかは不透明として、通期見通し については慎重。こうした中、富士通は電子部品の市況改善を理由に、 営業利益予想を従来比100億円増の900億円とした。

富士通は23日、前期に純損益で1124億円の赤字だった収益構造を 急回復させ、2年後には過去最高の利益を目指す中期計画を発表。この 強気姿勢が通期予想にも反映された形となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE