三井不株が反発、4-6月純利益が前年同期比2.5倍、分譲事業が好調

三井不株が反発。株価は一時、前日 比76円(4.6%)高の1733円まで上昇、午前9時15分現在も前日比4% 超の水準で取引されている。同社が30日に発表した第1四半期(4-6 月)連結純利益が前年同期比2.5倍の161億円となった。分譲事業が好調 だったことが要因だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。