三菱UFJ:第1四半期の純利益48%増、大手8行では最高(Update2)

株式時価総額で国内銀行1位の三菱 UFJフィナンシャル・グループの第1四半期(2009年4-6月)連結 純利益は前年同期比で48%増となり、大手8行では最高となった。子会 社化した消費者金融アコムの連結効果や海外貸出収益増などが貢献し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。