伊藤忠商事:第1四半期純利益は67%減、通期予想を据え置く

時価総額4位の総合商社、伊藤 忠商事が31日発表した2009年第1四半期(4-6月期)連結決算 (米会計基準)によると、純利益は前年同期比67%減の204億円だ った。また、今期(2010年3月期)の純利益見通しを変更せず、前 期比21%減の1300億円に据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。