米SEC、「フラッシュオーダー」を調査-公正な情報提供を徹底へ

米証券取引委員会(SEC)は30 日、取引所が株式売買の注文情報を競合の売買プラットホームに転送 するより数分の1秒早く顧客に提供する「フラッシュオーダー」と呼 ばれる慣行を調査していることを明らかにした。注文情報が一部証券 会社に事前に提供されることで、投資家が不利益を被らないようにす るのが狙い。

SECのジョン・ネスター報道官は「SECのスタッフはすべて の投資家のために、最良の注文執行と情報アクセスの公正さを徹底す る目的でフラッシュオーダーを特別に調査している」と語った。

米民主党上院議員のナンバー3、チャールズ・シューマー氏(ニ ューヨーク州)は24日付の書簡で、フラッシュオーダーの見直しをS ECに要請した。ナスダックOMXグループやバッツ・グローバル・ マーケッツのほかダイレクト・エッジ・ホールディングスやシカゴ・ オプション取引所(CBOE)がフラッシュオーダーに関する情報を 顧客に提供している。

-- Editors: Nick Baker, Michael

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Edgar Ortega in New York at +1-212-617-2592 or ebarrales@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Baker at +1-212-617-5919 or nbaker7@bloomberg.net .

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE