カナダ・ドル:対米ドルで上昇-景気回復期待とリスク回避の後退で

30日の外国為替市場では、カナ ダ・ドルが米ドルに対して3日ぶりに上昇。原油と銅など商品相場の 上昇に加え、世界の株式市場でリスク回避後退が示唆され、支援材料 となった。

この日発表されたカナダの6月の鉱工業製品価格と原料価格指数 が、今年に入ってからの原油高を背景に上昇したことを手掛かりに、 カナダ・ドルは約10カ月ぶり高値圏まで値上がりした。

MFグローバル・カナダの先物・為替ブローカー、アーロン・フ ェネル氏は「リセッション(景気後退)が終息するとの見方から、全 体的に市場参加者が商品市場に戻りつつあるようだ」と指摘。「商品 ブームがあらためて起これば、カナダ・ドルは上昇するだろう。多く の参加者は、カナダ・ドルが対米ドルで等価まで値上がりすると期待 しており、取引の機会をうかがっている」と述べた。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時39分(日本時間31日午 前5時39分)現在、前日比0.4%高の1米ドル=1.0849カナダ・ド ル(1カナダ・ドル=0.9217米ドル)。前日は1.0894カナダ・ド ル。28日は、昨年10月3日以来の高値となる1.0750カナダ・ドル まで上昇する場面があった。

カナダ・ドルは今月に入り、対米ドルで6.8%値上がりしており、 主要16通貨のなかで米ドルに対して最も上昇している。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019年 6月償還)の利回りが3ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇し、3.56%だった。価格は24セント下げて101.57カ ナダ・ドル。

-- Editors: Dave Liedtka, James Holloway

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Chris Fournier in Montreal at +1-514-940-6476 or cfournier3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE