米大統領:4-6月期GDPで減少ペースの鈍化が示されるだろう

オバマ米大統領は30日、ホワイトハ ウスで記者団に対し、31日発表の4-6月期の米国内総生産(GDP) 統計でGDPの減少ペースが鈍化し始めていることが確認されるだろう と述べた。大統領は商務省のGDP統計の内容は見ていないと語った。 同大統領はまた、今後の経済指標では住宅価格の上昇や金融市場の安定 の兆しが示されるだろうとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。