NY外為:ドルと円が下落、景気底入れ観測で安全通貨買いが後退

ニューヨーク外国為替市場ではド ルと円が大半の主要通貨に対して下落。米失業保険の継続受給者数が 3週連続で減少し、景気底入れの兆しととらえられたことで、安全へ の逃避先としての両通貨への需要が弱まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。