欧州債:独2年債、1カ月ぶり高利回りに接近-供給増と株高を嫌気

欧州債市場では、ドイツ2年債 利回りが1カ月ぶり高水準に近づいた。株高で安全投資としての国債 需要が減退したほか、イタリアが100億ユーロ強の国債を入札した ことが材料視された。

世界の株式相場の指標、MSCI世界指数が3日ぶりに反発し、 欧州ダウ600指数も上昇したことを受け、ドイツ国債は一時下落し た。イタリアはこの日、期間3年、7年、10年の国債入札を実施した。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、デービッド・シュノーツ氏 (フランクフルト在勤)は「欧州債は、供給要因と株式相場の動向に 左右されている」と指摘した。

ロンドン時間午後5時40分現在、2年債利回りは1.33%。一 時は1.37%まで上げ、28日に付けた1カ月ぶり高水準まで3ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)に迫った。同国債(表面利率

1.5%、2011年6月償還)は前日比0.01ポイント下げ100.31。 10年債利回りは1bp上昇し3.43%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE