IMF:ユーロ圏の景気回復には銀行ストレステストと資産処理が必要

国際通貨基金(IMF)は30 日、ユーロ圏の脆弱(ぜいじゃく)な景気回復を支えるためには、域 内銀行に対するストレステスト(健全性審査)と、その後の徹底的な 不良資産処理が必要だと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。