米エクソン:4-6月利益は5年ぶり低水準、需要減で

米エネルギー会社最大手のエク ソンモービルが30日発表した4-6月(第2四半期)の決算は利益 が前年同期から66%減少した。減益は3四半期連続。ガソリンや天 然ガスなどへの需要が後退し、エネルギー価格が下落したことが響い た。

純利益は39億5000万ドル(1株当たり81セント)と約5年 ぶりの低水準。前年同期は117億ドル(同2.22ドル)だった。訴 訟費用を除くベースの1株利益は84セントと、ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたアナリスト16人の予想平均(99セント)を15 セント下回った。売上高は46%減の745億ドル。

ブラジルでの掘削調査の失敗やカナダでの税率引き上げも影響。 さらに精製事業の利益率が縮小した。ニューヨーク原油相場は4-6 月期の平均が1バレル=60ドルを下回り、前年同期から52%下落。 4-6月期としては最大の下落率を記録した。

同社の石油・天然ガス生産は3.3%減少。米国での精製事業は 1500万ドルの赤字だった。

原題:Exxon Profit Falls to 5-Year Low as Fuel

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE