4-6月期ソニーは営業赤字、サムスン業績回復一歩リード

4-6月の連結業績では日韓メーカ ーで明暗が分かれた。ソニーは四半期ベースで3期連続の営業赤字だっ た一方、韓国サムスン電子の営業利益は1-3月期に比べ約5.4倍に拡 大。前年同期に比べても5%増えた。韓国のLG電子も2四半期連続の 営業黒字。ソニーも業績改善を急ぐが、サムスンなど韓国勢が業績回復 で一歩リードする姿が目立つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。