米ブラックロック:米英の指数連動債に投資-インフレ加速懸念で

米資産運用会社ブラックロックが、 米国と英国の指数連動債に投資している。記録的な低水準にある政策 金利と、中央銀行の資産購入を通じた潤沢な流動性供給がインフレを 加速させるとの判断に基づいている。

ブラックロックのファンドマネジャー、ブライアン・ワインスタ イン氏(ニューヨーク在勤)はインタビューで、同社が10年物か、よ り長期の米インフレ連動債(TIPS)と、年限5-10年の英指数連 動債を選好していると述べた。

一方で、欧州中央銀行(ECB)がインフレ加速のいかなる兆候 も摘み取るとの見通しを基に、ユーロ圏のインフレ連動債は避けてい るという。ブラックロックは1兆4300億ドル相当の資産を運用し、そ のうち180億ドル相当を指数連動資産に充てている。

ワインスタイン氏は「中銀は景気回復にとって適切な量を探り当 てるまで資金を供給している。資金の引き揚げには困難を伴う可能性 がある」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE