米ダウ・ケミカル4-6月:3.44億ドルの赤字、需要減で

米化学最大手ダウ・ケミカルが 30日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、純損益が3 億4400万ドルの赤字となった。リセッション(景気後退)で需要が 減退したほか、リストラ措置に伴いコストが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。