香港株(終了):午前の下げから反発-中国が成長志向の政策維持

香港株式相場は反発。中国人民銀 行(中央銀行)が経済成長重視の「適度に緩和的」な金融政策を維持 すると表明したことを受けて、午前の下げから持ち直した。

中国国有投資の香港部門、CITICパシフィック(中信泰富、 267 HK)は4.9%高。香港の不動産会社ハンルン・プロパティーズ(恒 隆地産、101 HK)はゴールドマン・サックス・グループによる「買い」 推奨で2.3%高。一方、リョービの電動工具などの生産を手掛けるテ クトロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK)は新株発行の 計画が嫌気され5.9%下げた。

ハンセン指数は前日比98.58ポイント(0.5%)高の20234.08で 終了。一時は0.9%安となっていた。ハンセン中国企業株(H株)指 数は1.2%高や1.6%安と高下した後に、ほぼ変わらずの11991.60で 引けた。

アンプル・キャピタルの資産運用ディレクター、アレックス・ウ ォン氏は「市場にはまだ相当強い上昇観測がある」とし、「中国の政策 転換が下げの引き金となるが、政策転換が年内に迫っているとは考え にくい」と話した。

中信泰富は19.90香港ドル。ハンルンは26.80香港ドル。創科実 業は6.65香港ドル。

-Editors: Nick Gentle, Nicolas Johnson.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE