モルガンS投信のアルカイヤ氏:日本株は一段高へ-過去の相場と比較

モルガン・スタンレー・アセット・ マネジメント投信のジョン・アルカイヤ最高投資責任者(CIO)は、 ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、日本の株式市場に ついて以下のようにコメントした。

アルカイヤCIOは、日経平均株価とTOPIXがさらに上昇す る公算があると述べた。

「1992年と95年、98年と2003年を参照すると、いずれも最高値 と最安値との差が50-150%あった。また、当時の株式市場の時価総 額の国内総生産(GDP)に対する比率は約50%だった。現在の比率 は、約50-55%でほぼ同水準だ」

「これら過去の上昇相場のピーク時は、時価総額の対GDP比率 は80-100%に達した。したがって同じ経過をたどるなら、これまで に既に安値から35-40%上昇したが、さらに上昇余地があると考えら れる」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE