7月のドイツ失業者数:346万人に増加、人員削減で-失業率8.3%

ドイツ連邦雇用庁が30日発表した 7月の雇用統計によると、独失業者数(季節調整前)は346万人と、 前月の341万人から増加した。リセッション(景気後退)の最悪期を 脱した兆候が強まるなかにおいても、企業が利益確保のため人員削減 を実施したことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。