シューマッハ選手の復帰はF1に朗報-独BMW撤退の痛手のなかで

世界最高峰の自動車レース、フォ ーミュラ・ワン(F1)に、最多優勝を誇るドライバー、ミハエル・ シューマッハ選手(40)が帰ってきた。高級車メーカー、ドイツのB MWが撤退を表明した直後だけに、F1にとっては最良のタイミング での朗報だ。

シューマッハ選手は29日、負傷したフェリペ・マッサ選手に代わ りフェラーリチームのドライバーとして暫定復帰すると発表した。シ ューマッハ選手は7回の優勝のうち5回を同チームで果たしている。

一方、BMWは同日、今シーズン限りでF1から撤退することを 発表。1年足らずで2社目の撤退表明となった。世界的な自動車販売 不調などが背景にある。

12日にドイツグランプリが開催されたニュルブルクリンクサー キットのマネジングディレクター、ワルター・カフィツ氏はインタビ ューで、「BMW撤退はすべてのF1ファンにとって悪いニュースだ」 が、「シューマッハ選手の復帰は素晴らしいニュースだ」と話した。

フェラーリはチームとしてFI史上で最高の戦績を誇るが、今季 はブロウンGPチームなどに後れを取っている。ブロウンGPはホン ダが今年3月に売却したチームで、今季のレースをリードしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE