鉄鋼決算:4-6月期は軒並み赤字転落も通期予想でJFEが黒字へ

鉄鋼大手5社の第1四半期(2009 年4-6月)決算が30日出そろった。世界的な景気後退に伴う鋼材の減 産や、前年度に高値で契約した原料炭など主原料価格が収益を圧迫し、 新日本製鉄、JFEホールディングス、住友金属工業、神戸製鋼所の 4社とも純損益が赤字に転落。通期(2010年3月期)業績はJFE1 社だけが純損益で黒字となり、他の3社と明暗が分かれる格好となっ た。

JFEの4-6月期決算は、連結売上高が前年同期比37%減の 5886億円、純損益は同1103億円悪化し、416億円の赤字に転落。新日 鉄の連結売上高は同38%減の7451億円、純損益は同1250億円悪化し 422億円の赤字と、JFEとほぼ同程度となった。

今年度の主原料価格決定を受けて、JFEが初開示した業績見通 しは、5期ぶりの減少を見込んで、通期売上高を前年同期比28%減の 2兆8200億円、純利益を同88%減の240億円とした。大幅減益とな るものの、鉄鋼4社で唯一黒字を予想。輸出市況や粗鋼生産の回復の 兆しが見られつつある中、UBS証券の山口敦アナリストは、アジア 向けの輸出比率が高いJFEに有利に働くとの見方を示した。

一方、新日鉄は7-9月の粗鋼生産が4-6月に比べ4割程度高 い水準まで回復するとしているものの、大分製鉄所(大分県)が8月に 再稼働するのに伴い、100億円-200億円の改善費用が一時的に発生す ることなどから通期純損益見通しを期初予想と同じゼロに据え置いた。

鉄鋼大手の連結純利益(単位:億円、カッコ内前年同期比%)
社名   第1四半期   通期予想    期初通期予想
新日鉄   -422      0(-100.0)       0
JFE   -416    240(-87.6)    公表せず
住金    -324    -450(-)      -200
神鋼    -333    -450(-)      -550
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE