インドWPI:18日終了週は前年比1.54%低下-7週連続のマイナス

インド政府が30日発表した18 日終了週の卸売物価指数(WPI)は前年同期比で1.54%低下と、 7週連続でのマイナスとなった。ただ年後半にはインフレ率が徐々に 上昇すると見込まれており、インド準備銀行(中央銀行)は利上げを 迫られる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。