新生銀:第1四半期の連結純利益は52%減、与信費用が重しに

金融庁から業務改善命令を受けて いる新生銀行の第1四半期(2009年4-6月)連結純利益は前年同期 比52%減少した。与信関連費用が増えたことが重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。