7月の英住宅価格、3カ月連続上昇-ネーションワイド

英住宅金融大手ネーションワイド・ ビルディング・ソサエティーが30日発表した7月の英住宅価格は、3 カ月連続で上昇した。同国の不動産市場は供給不足により、景気低迷 の影響を免れている。

7月の住宅平均価格は前月比1.3%上昇し、15万8871ポンド(約 2500万円)となった。6月は同1%の上昇だった。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト14人の予想中央値では、同0.2%の 上昇が見込まれていた。前年同月比では6.2%低下し、2008年5月以 来最小の落ち込みにとどまった。

同統計は、英経済が少なくとも過去30年間で最悪のリセッション (景気後退)から回復するのに伴い、住宅市場が回復し始めている可 能性を示している。イングランド銀行(英中央銀行)は来週の金融政 策委員会(MPC)で資産購入計画拡大の是非などについて議論する。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、マーティン・ガーバウ ワー氏は、「景気後退で失業が急増しているにもかかわらず、今年の住 宅価格は著しく回復力が高い」と指摘。ただ、「過去数カ月間に見られ たような極めて力強いペースでの価格上昇が長期にわたり維持される 可能性は低い。09年の住宅価格安定化に寄与している要因の一つは売 り出し物件が不足していることだ」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE