マツダ:4-6月の純損失215億円-先進国の販売低迷など

米フォード・モーターと資本業務 提携関係にあるマツダが30日発表した第1四半期(2009年4-6月 期)連結純損益は215億円の赤字だった。日米欧を中心に自動車販売 が低迷した上、円高の影響で3四半期連続の赤字を余儀なくされた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。