台湾の奇美電子4-6月期:純損益は88億4000万台湾ドルの赤字

台湾2位の液晶表示装置(LCD) メーカー、奇美電子が30日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算 は純損益が88億4000万台湾ドル(1株当たり1.24台湾ドル)の赤字にな った。赤字額はブルームバーグがまとめたアナリスト12人の中央値 (131億台湾ドル)を下回った。中国からの需要増でLCD価格が押し 上げられた。前年同期は137億5000万台湾ドルの黒字だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。