コンテンツにスキップする

NZドル:3週間ぶりの大幅下落-中銀総裁の追加利下げ示唆で

30日の外国為替市場では、ニュ ージーランド(NZ)ドルが3週間ぶりの大幅下落となった。NZ準 備銀行(中央銀行)が、自国通貨高が景気回復を損なうのを防ぐため 利下げする可能性を示唆したことで売られた。オーストラリア・ドル は前日比ほぼ変わらず。

NZドルは続落。NZ準備銀行のボラード総裁がこの日、政策金 利を過去最低の2.5%に据え置いた後の発表文で、「景気回復見通し は、金融状態の一段の緩和に基づいている」と表明したことが材料。 豪ドルは、6月の住宅建設許可件数が4年ぶりの大幅増となったとの 発表を受けて、下げ幅を帳消しにした。

NZドルはウェリントン時間午後4時42分(日本時間午後1時 42分)現在、前日比1.2%安の1NZドル=0.6499米ドルと、今月 7日以来の下落率となっている。29日のニューヨーク市場では

0.6574米ドルだった。対円では、前日比1.1%安の1NZドル=61 円68銭。

豪ドルは1豪ドル=0.8180米ドル。ニューヨーク市場では

0.8175米ドルだった。対円では、1豪ドル=77円68銭。ニューヨ ーク市場では77円65銭だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE