東京ガス:豪ゴーゴンLNGプロジェクトの権益1%取得へ

都市ガス最大手の東京ガスは30 日、米シェブロンの豪州ゴーゴン液化天然ガス(LNG)プロジェク トに参画すると発表した。

今後、同社は米シェブロンと権益の売買契約締結を進めるとしてい る。同社は既にゴーゴンLNGプロジェクトから年間120万トンのL NGを2010年から25年間調達する長期契約を結んでいる。

東京ガスのウェブサイトで発表された文書によると、米シェブロ ンから同プロジェクトの権益1%を取得する。プラント建設など総工 費は権益の持分比率に応じて負担する。

ゴーゴンプロジェクトのLNG生産量は年間1500万トンの予定。 シェブロンが現在、50%の権益を保有するオペレーター(操業主体) で、このほかに英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルと米エクソンモービ ルが25%ずつ保有している。シェブロンは09年末までに最終的な投 資決定をする方針で、生産開始は投資決定から5年以内とされている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE