米富裕層がIRSに殺到、過去の脱税行為認める-WSJ紙

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は30日、米国の富裕層納税者が過去の 脱税行為を認める申請が、内国歳入庁(IRS)に殺到していると報じ た。

同紙によると、先週は申請件数が400と、昨年1年間の4倍に上 った。IRSの報道官フランク・キース氏の話を基に伝えた。IRSは 3月、脱税を認めた人を刑事罰より軽い民事上の罰則の対象とする「減 刑措置」を開始。9月23日まで実施している。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Purkiss at +44-20-7330-7760 or apurkiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE