信越化株が決算後急落、第1四半期は営業7割減益-業績予想非開示

信越化学工業の株価が午後1時 以降に急反落。電子・電機業界を中心に幅広い業界で不透明な事業環 境が続き、第1四半期(2009年4-6月期)の連結営業利益は前年 同期比73%減の206億円にとどまった。いまだ業績予想の公表が難 しい状況が続いているとし、具体的な数値目標は示されず、先行きを 警戒視した売り圧力が増した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。