富士通ゼネ株が3カ月ぶり上昇率、利益率改善と省エネ機伸び大幅増益

エアコンが主力の富士通ゼネラル の株価が急騰。銅やアルミなどの素材価格下落で原価率が改善していた ところに、全社的なコスト削減も奏功、第1四半期(4-6月)業績は 利益率が改善して大幅増益となった。国内では販売単価の高い省エネ機 種が伸びており、増益基調の持続を見込む買いが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。