GM中国部門:7月の販売台数70%増を見込む-刺激策が寄与

中国で事業展開する外資系自動車 メーカーで最大手の米ゼネラル・モーターズ(GM)は29日、中国政 府の販売刺激策と景気回復を背景に、同国内での7月の販売台数が 70%増加するだろうとの見通しを明らかにした。

GM中国部門のケビン・ウェール社長は上海でのインタビューで、 7月の販売台数が約14万台になると予想した。最終的な数字は来週発 表される。

新車購入を対象にした政府の補助金が寄与し、中国は日米欧での需 要の落ち込みに苦戦している自動車メーカーにとって成長市場となって いる。GMはまた、自動車販売の急減を避けるため、来年にかけて業界 支援が継続されると見込んでいる。

ウェール社長は、何らかの形で刺激策の提供が「続けられるとみて いる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE